B型肝炎給付金

B型肝炎ウイルスに感染してしまうことで引き起こされるB型肝炎は、放置しておくと肝硬変や肝がんなどさまざまな重病を引き起こす危険性もあります。B型肝炎ウイルスの感染様式は一過性感染と持続感染の二つに分けることができ、一過性感染だと急性肝炎と不顕性感染に分けられます。不顕性感染だと自覚症状が現れないまま治癒してしまうこともあります。一方の持続感染ですが、こちらは感染したウイルスが体内から排除されず、肝臓の中に住みついてしまっている状態です。こうなると慢性肝炎を発症したりさまざまな症状が発症します。

給付金さまざまな原因によってB型肝炎に感染してしまいますが、昭和23~63年までのあいだに行われていた集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまったという方もたくさんいます。この時期に行われていた集団予防接種では医師が注射器を使い回ししていたことがわかっていますし、それによってたくさんの方がB型肝炎に感染することになりました。現代の医療現場では絶対にありえないことなのですが、当時はそこまでの問題意識はなかったのです。

すでに国は過去の過失を認めていますし、集団予防接種によってB型肝炎に感染した方に対する補償を行っています。それがB型肝炎給付金と呼ばれるもので、所定の手続きを行うことで給付金を受け取ることができるのです。ここでは、B型肝炎給付金を請求するための具体的な方法についてお伝えしますからぜひチェックしてください。


Back to Top